乾燥肌の改善

乾燥肌にならないためには乾燥肌になった原因を知って事前の予防が大切ですが、その性質上、予防を行っていても乾燥肌になってしまう人は多いものです。今回はそのような人のために、乾燥肌になってしまった場合の改善方法について紹介をします。

乾燥肌を改善するのに大切なことは保湿ケアですが、そのほかに見直したいのは、何と言っても食生活です。毎日の食事で摂取する栄養は、体だけではなくもちろん肌を作る材料となります。そのため、食生活の乱れは肌のコンディションに影響を及ぼすのです。肌に影響を及ぼす必須脂肪酸はその中でも特に重要です。

サーモン必須脂肪酸とは、特に魚介類に多く含まれる脂質で、肌の健康という面で見ると、肌の水分保持力の多くを含む、細胞間脂質の材料となります。この必須脂肪酸にはオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸があります。オメガ6系脂肪酸はコーン油、紅花油、大豆油、ごま油などで、オメガ3系脂肪酸にはサーモン、いわし、サバなどがあります

オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸は3対1の割合で摂取するのが理想的とされていますが、現代の食生活ではオメガ3系脂肪酸が不足しがちです。このオメガ3脂肪酸が不足することで乾燥肌をさらに促進してしまいます。従って、このオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸を理想的に摂取することで、乾燥肌の改善ができるようになります。